男性

三次元測定機を導入するならアフターサービス付きかチェック

普及が進む機器

男の人と女の人

概要と選び方

技術革新に伴って普及が進んでいるのが3Dプリンターです。造形物を気軽に制作できることから、非常に人気があります。製造業などの企業で使用されていることもあれば、個人で使用している人もいます。そんな3Dプリンターの普及に伴って注目されている商品が、三次元測定機です。三次元測定機は3Dスキャナーとも呼ばれるもので、3Dプリンターを使用するときにかかせないものです。3Dプリンターでモノを作ろうとしたとき、もととなるデータが必要です。もととなる物体のデータをスキャンするときに、三次元測定機は活躍します。三次元測定機の仕組みは、まずもととなる物体をスキャンし、無数の点でデータ化します。そしてそのデータを3Dプリンターに出力するというものです。スキャンの方法は接触式と非接触式があります。接触式は、球状のセンサーで物体に触れてスキャンする方式です。一方で非接触式は、物体に光を当てたときの反射の角度や時間を計測してスキャンする方式です。三次元測定機を選ぶときのポイントは、まずどのような用途で使用するかを考えることです。三次元測定機は機器ごとに測定精度や速度などが違います。また据置型やハンディ型などの違いもあります。使用用途に合わせて、三次元測定機を選ぶ必要があるのです。次に販売店のアフターサポートが充実しているかを調べることです。三次元測定機は精密機器であり、日々のメンテナンスが必要です。したがってメンテナンスについてどういうサポートを行ってくれるかが重要になってきます。また不具合や故障のサポートがどういうものかを確認することも大事なポイントです。

立体データの正確な計測

機械

非接触型の三次元測定機は立体を高速かつ正確に計測できるのが特徴で、3Dプリンターと組み合わせて試作品の製作に用いれば大幅なコスト削減になります。三次元測定機の価格は、計測の精度とスピードにより大きな幅があります。

試作品を測定する機械

男性と女性

三次元測定機を導入することお出立体物の正確な測定が可能となり、試作品の精度を上げることができます。CADと3Dプリンターと一緒に運用することで大きな効果を発揮し、熟練工に依存することなく品質を上げることができるのです。

精密に測定する機械

女性

三次元測定機は、形のあるものを高精度で測定できる機械です。利用するためには室温や振動など注意しなければいけませんが、必要な条件を満たせば信頼性のある結果を得ることが出来ます。特別な知識や技術は必要としないため、多くの企業に取り入れられています。