メンズ

三次元測定機を導入するならアフターサービス付きかチェック

立体データの正確な計測

機械

価格帯は幅広い

立体のサイズをそのままで測定し、3Dデータ化できるのが三次元測定機の特徴です。従来の方法では測定困難な複雑な形状の立体でも、比較的容易に計測できるという利点があります。最近ではデータを3Dプリンターに繋げて、試作品を製作するといった使い方が普及しはじめています。普通に金型を作る方法に比べると、時間もコストも大幅に節約できるのが三次元測定機のメリットです。三次元測定機には目的の立体にプローブを接触させるタイプと、レーザーを当てて計測するタイプがあります。前者は接触型と呼ばれ、高精度の測定を行うには高度の技術が必要になります。後者は非接触型と呼ばれ、誰でも簡単に使えることや、大型の立体でも短時間で測定できることから、さまざまな工業分野で普及が進んでいます。個人が趣味で使う三次元測定機の中には、数万円以下で購入できる製品もあります。しかしビジネスで使うには、もっと精度の高い製品が求められるでしょう。業務用の三次元測定機でも、安価なものは数十万円から購入できます。高価な製品になると、数百万円から一千万円以上します。この価格差は主として計測できる最小の大きさと、計測スピードの違いによります。どの程度の精度が必要か見極めて、適切な製品を選ぶことが大切です。試作品の製作以外にも、三次元測定機はリバースエンジニアリングや品質管理、機械や部品のメンテナンスなど、使い方次第で多彩な分野に応用が可能です。