メンズ

三次元測定機を導入するならアフターサービス付きかチェック

試作品を測定する機械

男性と女性

立体物を正確に作る

工業製品をより正確で上質なものにしたいならば、三次元測定機を導入するといいでしょう。3Dプリンターと一緒に運用することで多大な効果を発揮することになる精密機械です。すでにある立体物をCADに落とし込む際に使用することによって、正確にデータ化することが出来ます。正確で高品質な製品を作っていくためには、三次元測定機を導入することは必須であるといえるでしょう。据え置き型とポータブル型の二種類が存在しますが、基本的には据え置き型を利用するのがおすすめです。据え置き型の方が精密な動きが出来ますし、持ち運ぶことに対するメリットも少ないといえます。三次元測定機の導入により、CADで設計したものと完成品の違いを正確に見抜くことが可能となるのです。試作品を作っていく過程で一番重要なのは検査といえますが、その検査を簡単に行えるようになるので時間を大きく短縮できます。立体物が正確に造られているかどうかの検査には熟練工による目利きが必要でしたが、今は三次元測定機を使えば簡単に出来るのです。時間とコストを削減し、一部の人材に依存することなく高品質な製品を作れるようになるメリットはとても大きいといえます。ただし、導入する際には測定方式を選ぶ必要があるので注意が必要です。接触式と非接触式がありますが、どちらの場合も一長一短で測定できる素材が異なります。工場に必要な三次元測定機を導入し、効率のいい運用を行えるようにしていきましょう。